HOME

PROFILE

INFORMATION

WORKS

CONTACT

BLOG

設計方針

設計監理の流れ

設計監理料

家づくり豆知識

リンク

 

■ 設計方針

 

設計者自身の作品を作る為に、設計活動している訳ではありません。

建築主さんの夢や希望を形にするお手伝いをさせて頂いていると考えています。

プロの設計者としてのご提案は致しますが、決してその提案を押し付けてはならないと思っています。

建築主さんと十分に打合せをし、最善のプランを提案し続けたいと思っています。

その中で、建築主さんでも気付かなかったニーズを提案でき、ご満足頂けたら設計者冥利に尽きます。

     

□ 住宅について 

人々の生活スタイルは、様々です。

長く生活する場であれば、居心地の良い空間であるのは最低条件だと考えています。

建物を引き渡した時点が完成という訳ではなくて、実際に生活していく中で、更に、その建物の良さを感じて頂ける

様な空間を考えていきたいと思います。  

    

□ 店舗について 

人が集まる空間作りを考えています。

人が人を呼びます。

決して一過性のものではなく、長く人々が集える空間を考えていきたいと思います。

  

□ クリニックについて 

清潔感のある空間づくりを心掛けています。

デザイン、素材選びも重要ですが、清潔感のある空間を維持する為に、ゾーニングはとても重要だと思います。

ドクター、スタッフ、患者様にとってストレスを感じさせない空間にしたいと考えています。

   

□ 高齢者向け施設(デイサービスセンター、サービス付き高齢者向け施設、老人ホームなど)について 

細部に渡って、安全性を考慮し、バリアフリーに配慮した空間を考えていきたいと思います。

その上で、高齢者が生き生きと集える場所づくりを心掛けたいと考えます。

 

□ マンションリフォームについて 

空間は、劇的に変化する可能性を秘めています。

現状にあきらめる必要はありません。

現状の不満の改善だけではなく、ちょっとした工夫で、生きる空間づくりをもたらしたいと思います。

 

□ 高齢者向け住宅改修について

高齢に伴う身体的機能の衰え等によって生活環境のニーズは変化します。

ケアマネージャー等との連携によりニーズをしっかり把握した上で、住宅改修等のご提案をします。

住宅改修についての介護保険の行政への利用手続きにつても対応させて頂きます。   


Copyright(C)2008-2018 Noboru Nagaoka Architect.All rights reserved.